ARIA(天野こずえ)を読んで

天野こずえ先生の作品は絵柄がきれいで、人物の感情描写の細かさがすばらしいです。
ARIAは未来のヒーリングファンタジー。
舞台は未来の火星。人が住めるようになり、地球の水の都ベネチアの街並みを再現しています。
主人公の水無灯里が、1人前のウンディーネ(水先案内人)を目指して、ARIAカンパニーというゴンドラ観光会社に入社します。
先輩のアリシアの指導の下、日々成長していきます。
日々練習していく中で、同じ目標をもつ藍華とアリスと出会います。そして色々な人々と出会い、輪が広がっていきます。
また出会いがあれば別れもあります。
特に大きなアクションはなく、ゆったりとした日常が描かれている漫画です。
ただの日常だとつまらない漫画のように思いますが、日常がどれだけ幸せかを改めて感じさせてくれる作品です。
作品中では灯里は幸せの達人さんといわれ、小さなことも幸せに感じられる女の子です。
そんな灯里と一緒に過ごす仲間もまた幸せを感じられるようになっていきます。
その幸せはこの漫画を読む人にも伝わり、癒しを与えてくれます。
ちょっと疲れ気味の人に読んでもらいたい、おすすめ漫画です。