何回読んでも泣けるスラムダンク

最初から最後まで読んでいるとスラムダンクの世界に引き込まれてしまう、そんな漫画だと思います。

素人同然の桜木花道の日々成長する姿は誰もが共感できるのではないでしょうか?急成長するわけではなく、そして最終的にナンバー1プレーヤーになるわけでもなく、非現実的な描写が一切なくこの世界に引き込まれてしまいます。

桜木花道の成長をさることながら、ゴリ、流川、三井、りょうた、登場人物のそれぞれの個性や境遇も共感でき、色々な問題をクリアしながら成長していく姿は涙を誘います。

また、監督の数々の名言は、今スポーツをしている子供達に伝えたい言葉を凝縮したような漫画で、色々な漫画が今も連載されていますが、読ませてあげたい漫画の1つです。言葉で伝えられない部分をこの漫画なら必ずすっと子供達の心に入ってくるような気がします。

何度読んでも心に響いいてくる内容なので、復刻でまた連載され多くの人に読まれることを願っています!