3月のライオン(羽海野チカ)は世の中を考えさせられます

もともと私の好きなBUMP OF CHICKENがコラボするということで知った作品でした。
どんな作品か気になって、ネットで立ち読みして、即全巻購入しました。

中学生でプロ棋士になった主人公、桐山零くんと、下町住まいの三姉妹、あかり・ひなた・モモを中心にまわっていくお話です。
もちろん、将棋の世界のことも描かれてるいるので、とっつきにくいと感じる人もいるかもしれません。

でも私がこの漫画をお勧めしたいのは、とにかく人間味が溢れたストーリーになっていることです。
そして扱う問題がイジメや家庭内の問題など、現実を見据えていること。
中学生でプロ棋士だなんて、順風満帆なイメージがありますが、零くんはとても深い闇を抱えています。
でも、三姉妹との交流、周りの人々の支えのおかげで、徐々に前向きになって成長していく姿がひしひしと伝わってきます。
もう、涙なしでは読めません。

もちろん恋愛の要素も含みながらですが、私は全く気づきませんでした。
もしかすると、いきなりネタばらしするよーなんて感じもそういうのも作者の意図だったりして!
突っ込みを入れながら読んでしまいます。

作者の羽海野チカ先生と言えば「ハチミツとクローバー」が有名ですが、ぜひこれも色々な方に手にとってみていただきたいです。

男性でも女性でも読める作品だと思います。
実際我が家では夫婦揃って愛読書です。